山火事を生き延びたコアラのサム、動画サイトで話題に オーストラリア

0
    JUGEMテーマ:かわいい動物たち
    JUGEMテーマ:ペット
    JUGEMテーマ:JUGEM
    JUGEMテーマ:インターネット
    JUGEMテーマ:ニュース
    JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス


    山火事を生き延びたコアラのサム、動画サイトで話題に オーストラリア


    【2月12日 AFP】(写真追加)オーストラリア南東部ビクトリア(Victoria)州で山火事の消火作業にあたっていた消防士が炎の中から救出した雌のコアラ「サム」の映像が、動画共有サイト「ユーチューブ(YouTube)」に投稿され、大きな話題となっている。

     山火事では180人以上の死亡が確認されている。

     消防士デイブ・ツリー(Dave Tree)さんが発見した時、サムはかなりおびえた様子だったという。同僚が携帯電話で撮影した映像のなかでツリーさんは、サムに「あんな山火事を耐えていたなんて、怖かっただろう?」と話しかけている。

     サムがツリーさんにやけどを負った足を支えられながら水をごくごくと飲む姿に、ツリーさんも驚いたという。

     ツリーさんは、2本のボトルからサムに水を飲ませながら、「コアラが、あんな恐怖を耐え抜いたなんて、びっくりだよ」と話す。 

     その愛らしい外見から、テディベアにたとえられることもあるコアラだが、実際は気むずかしい動物で、鋭いつめで深い傷を相手に負わせることもある。

     しかし、サムはそんなコアラではないようだ。ツリーさんの腕のなかで、おとなしく頭を撫でられている。

     こうしたサムの映像は3万を超えるヒット数を記録し、ヘラルド・サンは、サムとツリーさんの写真を売り出した。収益金は地元の消防団に寄付されるという。

     メルボルン(Melbourne)の地元紙「ヘラルド・サン(Herald Sun)」によると、サムは足に重度の火傷を負っているが、野生動物保護施設で手当てを受け、少しずつ回復しているという。(c)AFP



     人気ブログランキングポチッとおしてね




    古代のクジラは陸上で出産していた、米研究

    0
      JUGEMテーマ:ペット
      JUGEMテーマ:1へぇ〜
      JUGEMテーマ:ニュース
      JUGEMテーマ:JUGEM
      JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス


      古代のクジラは陸上で出産していた、米研究


      古代のクジラは陸上で出産していたとの米大による研究結果が4日、科学誌「Public Library of SciencePLoS」(電子版)に掲載された。休息や交尾なども陸上で行っていた可能性もあるという。画期的な発見は、現在は水中で暮らすクジラの祖先は陸上に住んでいたとの仮説を強めるものとなりそうだ。

       研究は全米科学財団(National Science FoundationNFS)が支援する古生物学研究プログラムの一環。

       ミシガン大学(University of Michigan)のフィリップ・ギングリッチ(Philip Gingerich)氏が主導する研究チームは2000年と2004年、パキスタンで約4750万年前のクジラの化石を発見したが、2体の骨が接近しすぎていることが、これまで謎となっていた。

       ギングリッチ氏らは当初、1体の化石は歯が小さいことから、成長した小型のクジラだと考えていた。しかし、歯の大きさに対して肋骨が大きすぎるため、調査を続けた結果、2体の化石は妊娠中の雌クジラとその胎児のものであることが分かった。

       化石の胎児は、現在のクジラと異なり、陸上のほ乳類と同じ頭位分娩の位置にあったことから、ギングリッチ氏は当時のクジラが陸上で出産していた可能性があると考えている。

       また、化石の歯が大きく魚の捕食に適していたとみられることから、研究チームは、当時のクジラは生活の大半は海中で過ごしながら、休息や交尾、出産などは陸上で行っていたとみている。

       研究チームは、今回の発見が古代のクジラの出産の実態や、クジラが陸から海に下りた移行過程を解明する大きな手掛かりになると期待している。(c)AFP



       人気ブログランキングポチッとおしてね





      仲良く遊ぶ3つ子のホワイトライオン

      0
        JUGEMテーマ:かわいい動物たち
        JUGEMテーマ:ペット
        JUGEMテーマ:ニュース
        JUGEMテーマ:JUGEM
        JUGEMテーマ:1へぇ〜
        JUGEMテーマ:にゃんこ


        仲良く遊ぶ3つ子のホワイトライオン


        【2月11日 AFP】フランス西部カン(Caen)にあるジュルク(Jurques)動物園で誕生した、生後3か月の3つ子のホワイトライオン。(c)AFP




         人気ブログランキングポチッとおしてね





        全長バス1台ぶん、史上最大のヘビの化石 コロンビアで発見

        0
          JUGEMテーマ:カナヘビ
          JUGEMテーマ:おもしろ動物
          JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス
          JUGEMテーマ:ペット
          JUGEMテーマ:JUGEM
          JUGEMテーマ:1へぇ〜
          JUGEMテーマ:ニュース


          全長バス1台ぶん、史上最大のヘビの化石 コロンビアで発見


          【2月5日 AFP】史上最大のヘビの化石が南米コロンビアで見つかったとする論文が、4日の英科学誌「ネイチャー(Nature)」に発表された。椎骨のサイズから、体重1135トン前後(730キロ-2.03トン)、頭からしっぽまでの全長はバス1台分に匹敵する13メートル前後(10.64-15メートル)と推定される。
           
           研究は米フロリダ大などのチームが発表した。ボアに似たこのヘビは、地球の気温が現在よりもはるかに高かった6000万年前、現在のコロンビア付近の熱帯雨林を支配し、クロコダイルを餌にしていたという。

           化石はコロンビアにある世界最大の露天掘りの炭鉱の1つ、セルホン(Cerrejon)炭田で発見された。学名はこの場所の名前をとって「ティタノボア・セレホネンシス(Titanoboa cerrejonensis)」と命名された。6000万年前の南米の気温が、現在の熱帯よりも3-4度高い30-40度だったことを示す証拠としても、重要な発見だと研究者らは指摘している。

           これまでで最長のヘビは、アジアで発見されたもので、その化石から推定される全長は10メートル。体重が最も重いとされるヘビは、グリーンアナコンダで、推定227キロのものと思われる化石が発見されている。(c)AFP



           人気ブログランキングポチッとおしてね






          森の中のイノシシを生中継するウェブテレビが大人気、エストニア

          0
            JUGEMテーマ:ニュース
            JUGEMテーマ:1へぇ〜
            JUGEMテーマ:ペット
             

            森の中のイノシシを生中継するウェブテレビが大人気、エストニア


            【1月29日 AFP】エストニアの森に設置されたウェブカメラで野生のイノシシが餌を食べたり雪の中を走り回っている様子を目撃できるサイト、その名も「Boar TV(イノシシテレビ)」が、予想以上の人気を集めている。

             サイトの1日あたりのクリック数は約7万5000回で、うちほぼ半数がチェコ、ドイツ、北欧など海外からの訪問者だ。サイト管理者のGennadi Skromnov氏は28日、「この人気には、われわれ自身も驚いている。みんな、自然とのつながりが必要だと感じているのだろう」と話した。

             ウェブカメラは、狩猟組合が前月に設置した。イノシシへの「出演料」として、カメラの前に毎夕、大麦、小麦、リンゴ、ドングリなどの好物を置く。たいてい、暗くなる午後5時半-6時(日本時間午前2時半-3時)の間の「ディナータイム」に17匹のイノシシが現れ、約1時間その辺りをうろうろしているという。

             狩猟組合のある男性は、人気の秘密について「鳥やその他の小動物を見るより、イノシシを見る方がはるかにおもしろいからではないか」と分析している。(c)AFP



            人気ブログランキングポチッとおしてね




            パンダも喜び庭かけまわる?ワシントン国立動物園

            0
              JUGEMテーマ:1へぇ〜
              JUGEMテーマ:ニュース
              JUGEMテーマ:JUGEM
              JUGEMテーマ:ペット
               

              パンダも喜び庭かけまわる?ワシントン国立動物園



              【1月28日 AFP】(写真追加)ワシントンD.C.(Washington D.C.)の国立動物園(National Zoo)内のパンダ居住区で、積雪した坂を転がって遊ぶパンダの親子。(c)AFP



              人気ブログランキングポチッとおしてね




              シカもこたつで丸くなりたい?米中西部で氷点下25度

              0
                JUGEMテーマ:ヤギ
                JUGEMテーマ:かわいい動物たち
                JUGEMテーマ:ペット
                JUGEMテーマ:JUGEM
                JUGEMテーマ:ニュース
                JUGEMテーマ:1へぇ〜

                シカもこたつで丸くなりたい?米中西部で氷点下25度


                【1月25日 AFP】米ウィスコンシン(Wisconsin)州ハドソン(Hudson)の住宅街裏手の林で、気温が大幅に低下した24日の朝方、目覚めたばかりの鹿が撮影された。米中西部に北極からの強い寒気が流れ込んだため、夜間の気温は氷点下25度まで下がっていた。(c)AFP



                 人気ブログランキングポチッとおしてね




                「イヌを捨てる最もあきれた理由」、08年度の1位は?

                0
                  JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス
                  JUGEMテーマ:ニュース
                  JUGEMテーマ:JUGEM
                  JUGEMテーマ:ペット

                  「イヌを捨てる最もあきれた理由」、08年度の1位は?


                  【12月16日 AFP】英国最大の犬の愛護団体「ドッグズ・トラスト(Dogs Trust)」は、クリスマス間近の15日、この1年間で同団体施設にイヌが捨てられた「あきれた理由トップ10」を発表した。

                   第1位の「最もあきれた理由」に挙げられたのは、「イヌがわが家のソファにマッチしないから」というもの。第2位は、「イヌが悪魔のような顔をしていて、デービッド・ボウイ(David Bowie)のように、左右の目が違った色をしているから」。第3位は、「黒いイヌは、新しく購入した白いカーペットには合わない。白いイヌと交換してもらえないか?」というものだった。

                   このほか、「家の中でイヌを飼うと、ペットのモルモットがこわがるから」「イヌが、クリスマスイブの日にプレゼントを全部開けてしまったから」という理由も。認知症の老夫婦が、プレゼントされた子犬を捨てに来るケースもあった。

                   同団体は、「イヌはクリスマスのためだけのものではない。一生涯かけて面倒を見よう」をモットーに掲げている。クラリッサ・ボールドウィン(Clarissa Baldwin)会長は、「イヌを飼うということは、その生涯の責任を負うということ。イヌはファッションアクセサリーではないし、たった数か月で新しいものと交換したり捨てたりできるようなものではない」とくぎを刺している。(c)AFP 


                   人気ブログランキングポチッとおしてね

                  ペット大好きパパのブログのトップページ


                  ウールにフクロギツネの毛を混ぜたニット製品が人気、米国のセレブも愛用

                  0
                    JUGEMテーマ:1へぇ〜
                    JUGEMテーマ:JUGEM
                    JUGEMテーマ:ニュース
                     
                    ウールにフクロギツネの毛を混ぜたニット製品が人気、米国のセレブも愛用


                    【12月20日 AFP】ニュージーランドの生態系に大きな打撃を与えているフクロギツネ
                    (brushtailed possum)だが、最近は米ワシントンD.C.(Washington D.C.)やハリウッド(Hollywood)でも目にすることができる。ただし、ニット製品としてだ。

                     ニュージーランドでは膨大な費用をかけてフクロギツネを駆除しているが、アパレル業界がフクロギツネの毛皮を利用し始めたことから状況は変化しつつある。

                     米国もビル・クリントン(Bill Clinton)前大統領とヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)次期国務長官夫妻は、メリノウールとフクロギツネの毛を混紡した衣類を愛用している。

                     元大統領夫妻が愛用するのは、ニュージーランドの服飾ブランド「アンタッチド・ワールド(Untouched World)」の製品だ。ブランドを立ち上げたペリ・ドライスデール(Peri Drysdale)氏は環境保護の観点から持続可能な製品を重視している。

                     ドライスデール氏はメリノウールとフクロギツネの毛を混紡した先駆者で、1992年に初めてこの新素材でニット製品を製造し、1996年に市販を開始した。

                     この素材の製品はクリントン一家をはじめ、「デスパレードな妻たち(Desperate Housewives)」に出演したフェリシティ・ハフマン(Felicity Huffman)さんやシャロン・ストーン(Sharon Stone)さんらハリウッド(Hollywood)のスターの支持も得ている。

                     ドライスデール氏はAFPに対し、「フクロギツネの毛の良いところは軽くて肌触りが良く、美しい高級感のある製品ができることです。さらに他の多くの毛とは異なり、上質で非常に繊細な素材でありながら長持ちします」と自信を示した。

                     フクロギツネの毛は非常に細く中が空洞になっており、軽い上に保温性が高い。羊毛のように絡まったり毛玉ができることもない。「こんなにも上質の製品だから、わたしたちは夢中になっているんです」とドライスデール氏は話す。

                     毛皮製品に反対する「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of AnimalsPETA)」などの動物愛護団体は反対運動を行っているが、ここ数年でフクロギツネの毛を使った商品の需要は世界的に急増している。(c)AFP/David Brooks


                    人気ブログランキングポチッとおしてね

                    ペット大好きパパのブログのトップページ


                    寒空のモスクワ、トップレスで毛皮に抗議 PETA

                    0
                      JUGEMテーマ:にゃんこ
                      JUGEMテーマ:フレンチブルドッグ
                      JUGEMテーマ:コーギー
                      JUGEMテーマ:わんこ
                      JUGEMテーマ:*チワワ*
                      JUGEMテーマ:ダックスフンド
                      JUGEMテーマ:ペット
                      JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス
                      JUGEMテーマ:ニュース
                      JUGEMテーマ:1へぇ〜
                      JUGEMテーマ:JUGEM

                      寒空のモスクワ、トップレスで毛皮に抗議 PETA

                      【11月25日 AFP】動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会(People for the Ethical Treatment of AnimalsPETA)」のメンバーが24日、ロシアの首都モスクワ(Moscow)の寒空の下、トップレスにウサギの耳型をした耳あてだけの姿で、毛皮を着ることに対する抗議活動を行った。(c)AFP



                       人気ブログランキングポチッとおしてね

                      ペット大好きパパのブログのトップページ


                      calendar

                         
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>

                      アマゾン

                      楽天

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recent trackback

                      links

                      profile

                      書いた記事数:1332 最後に更新した日:2018/07/20

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM