10月5日の台風18号

1
JUGEMテーマ:天気
 
10月5日の台風情報

大型で非常に強い台風18号は4日、沖縄県の大東島地方を北上した。強い勢力を保ったまま5日に九州や四国地方に近づき、6日には本州の太平洋側に接近して上陸のおそれもある。気象庁は大雨や暴風、高潮に警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風18号は4日午後5時現在、南大東島の北東約120キロにあり、1時間に約10キロの速さで北北西へ進んでいる。中心の気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートルとなっている。

 台風の北上に伴って本州付近に湿った空気が流れ込み前線が活発になるため、5〜6日にかけて西日本から東日本の太平洋側を中心に大雨のおそれがある。5 日午後6時までの24時間雨量は九州南部で250ミリ、東海地方で180ミリ、近畿、四国地方で150ミリ、奄美地方や伊豆諸島で100ミリと予想されて いる。





朝日新聞社のニュース速報より


しし座流星群、11月17日に観測ピーク……太平洋側ほど晴れて観測チャンス

0
    JUGEMテーマ:天気
     



    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000048-rbb-sci しし座流星群、11月17日に観測ピーク……太平洋側ほど晴れて観測チャンス

    しし座流星群、11月17日に観測ピーク……太平洋側ほど晴れて観測チャンス

    RBB TODAY 11月7日(木)19時35分配信

    しし座流星群、11月17日に観測ピーク……太平洋側ほど晴れて観測チャンス

    しし座流星群の観測ピークを迎える17日の天気傾向

     秋の天体イベント「しし座流星群」が17日に観測ピークを迎える。ウェザーニューズの発表によれば、当日の全国の天気傾向は、太平洋側ほど晴れて天体観測に絶好の夜空となる予想だ。

    [しし座流星群を中継する24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」]

     しし座流星群の観測チャンスは17日午後11時〜翌18日午前5時頃となり、ピークは18日午前1時の見込み。当日の天気は、17日の夜は西高東低の冬型の気圧配置となり、太平洋側は晴れて広い範囲で流星観測を楽しめそうだが、北海道北部は雲に覆われるため観測には難しい条件になりそうな予想となっている。また、北海道の日本海側〜山陰にかけても雲が多くなるため、観測は雲の隙間からとなる見込みだ。

     また、当日には24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて、全国7ヵ所から流星の同時中継を行う特別番組が放送される予定。同番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24Ch.」で楽しめるほか、PCやテレビ(BS910ch)にて視聴可能だ。


    1200人以上が死亡か…台風直撃のフィリピン

    0
      JUGEMテーマ:天気
       



      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131109-00000943-yom-int 1200人以上が死亡か…台風直撃のフィリピン

      1200人以上が死亡か…台風直撃のフィリピン

      読売新聞 11月9日(土)21時49分配信

      1200人以上が死亡か…台風直撃のフィリピン

      読売新聞

       【バンコク=石崎伸生】猛烈な台風30号が直撃したフィリピンで、ロイター通信は比赤十字関係者の話として9日、中部レイテ島タクロバンなどで1200人以上が死亡したとみられると伝えた。

       死者数は今後、さらに増える可能性がある。

       比赤十字は被災地に入った職員の情報から、タクロバンで1000人以上、隣接するサマル島で約200人が死亡したと推計したという。他地域でも台風に伴う激しい風雨で土砂崩れや洪水などが起きている。

       比国家災害対策本部は138人の死者を確認、約430万人が被災したとしている。比国軍は、救助のため約1万5000人の兵士を動員しているが、被災各地での停電と通信回線の切断、道路寸断などにより、作業は難航している。




      紹介ブログ

      管理釣り場





      ニュースでよく見るヘクトパスカルって何? 台風28号は中心気圧が「905」

      0
        JUGEMテーマ:天気
         


        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131024-00000006-wordleaf-sctch ニュースでよく見るヘクトパスカルって何? 台風28号は中心気圧が「905」

        ニュースでよく見るヘクトパスカルって何? 台風28号は中心気圧が「905」

        THE PAGE 10月24日(木)13時31分配信

        ニュースでよく見るヘクトパスカルって何? 台風28号は中心気圧が「905」

        [図表]上陸時の中心気圧が低い台風

         台風27号、28号と2つの台風が日本に近づいています。台風28号については上陸しないとの予報ですが、24日午後12時現在、中心気圧は905ヘクトパスカルと低く「猛烈な台風」となっています。台風のニュースでよく耳にする「ヘクトパスカル」。そもそもどういうもので、台風の強さとどう関係があるのでしょうか。

        「パスカル」は仏科学者の名前から

         実は、ヘクトパスカル(hPa)は気圧の単位です。以前は「ミリバール」という単位を使っていましたが、1992年から国際基準に合わせて「ヘクトパスカル」を使用するようになりました。ヘクトは100倍という意味で、パスカルという言葉はフランスの哲学者で科学者のパスカルから取られたものです。基本的には、中心気圧が低ければ低いほど、風は強くなります。

         ただ台風の強さは「ヘクトパスカル」だけで決まるわけではありません。中心気圧の低さに比例して強くなるのではなく、気圧の傾斜のキツさで決まります。つまり、気圧の傾斜が急であればあるほど風は強くなります。分かりやすく言うと、テレビで見る天気図の等圧線の間隔が狭いほど、風が強いというわけです。

        「風の強さ」と「大きさ」で分類

         ちなみに気象庁の基準でも、台風の勢力の強さはヘクトパスカルではなく、「風の強さ」と「大きさ」で決められます。

         「風の強さ」は最大風速によって3段階あり、秒速33メートル〜44メートル未満が「強い台風」、秒速44メートル以上〜54メートル未満が「非常に強い台風」、秒速54メートル以上が「猛烈な台風」となっています。その意味で、今回の台風28号は、一番上のクラスの「猛烈な台風」に分類されます。

         また「大きさ」の基準は強風域の半径で分類され、500キロ以上800キロ未満の場合は「大型の台風(大きい台風)」に、800キロメートル以上は「超大型台風(非常に大きい台風)」となります。

        第二室戸台風は上陸時929ヘクトパスカル

         現在、中心気圧が905ヘクトパスカルの台風28号ですが、これまでの例では、910ヘクトパスカル以下で日本に上陸した台風はありません。

         これまでで一番低かった台風は、1951年の統計開始以降では、1961年の第二室戸台風で925ヘクトパスカル。その次に低い1959年の伊勢湾台風でも929ヘクトパスカルでした。統計開始以前の参考記録としては、1934年の室戸台風の911ヘクトパスカルがあります。

         気象庁によると、台風の中心気圧は、発生当初は例えば1000ヘクトパスカルや990ヘクトパスカルですが、それから940ヘクトパスカルや930ヘクトパスカルまで発達し、中には910ヘクトパスカルや900ヘクトパスカルくらいまで強くなるものもあるといいます。ただ、北上して日本に近づいたり、上陸するころには中心気圧が上がり、勢力は弱まるようです。

         台風28号については「発達のピークは過ぎた(気象庁)」とのことで、中心気圧はあす25日午前0時には920ヘクトパスカル、25日午後12時には930ヘクトパスカルまで弱まるとの予測です。上陸するおそれもありません。


        台風27号 25日ごろ西日本に接近、その後は東日本へ

        0
          JUGEMテーマ:JUGEM
           
          JUGEMテーマ:天気

          JUGEMテーマ:ニュース




          http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000078-mai-soci <台風27号>25日ごろ西日本に接近、その後は東日本へ

          <台風27号>25日ごろ西日本に接近、その後は東日本へ

          毎日新聞 10月23日(水)19時25分配信

          <台風27号>25日ごろ西日本に接近、その後は東日本へ

          台風27号、28号の予想進路

           強い台風27号は24日午前0時現在、南大東島の南西約140キロをゆっくりと北西に進んでいる。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。

          【台風実況図と予想進路】

           25日ごろに西日本に接近し、その後、やや勢力は弱まり、26日午後には東日本に近づく見込み。台風の接近に伴い、四国や紀伊半島では24〜25日にかけて激しい雨が予想される。

           また、日本の南海上を北上中の台風28号と27号は26日ごろに最も近づく見込み。28号は小笠原諸島付近を通って北東に進み、27号の進路に影響する可能性は低いという。

           ◇

           台風27号の影響で、九州・山口では24〜25日に南部を中心に風が強まり、大雨となる見込み。気象庁によると、24日の各地の最大瞬間風速は、奄美地方35メートル▽鹿児島県30メートル▽宮崎県25メートル。24日午後6時までの24時間雨量は最大で、大分県、宮崎県250ミリ▽奄美地方150ミリ▽鹿児島県100ミリ−−と予想される。沖縄本島では24日の最大瞬間風速が35メートル、波の高さは8メートルとなる見通し。


          強い台風27号と前線 西日本で長引く大雨に警戒

          0
            JUGEMテーマ:JUGEM
             
            JUGEMテーマ:ニュース

            JUGEMテーマ:天気




            http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00010005-wmap-soci 強い台風27号と前線 西日本で長引く大雨に警戒

            強い台風27号と前線 西日本で長引く大雨に警戒

            ウェザーマップ 10月23日(水)23時32分配信

             強い台風27号は、南大東島の近海をゆっくりと進んでいる。木曜日の午後にかけては動きが遅いが、その後は速度を上げて金曜日に西日本の南海上、土曜日には東日本へ接近するおそれもある。前線の活動も活発になっているため、西日本を中心に大雨に警戒が必要だ。

            強い台風27号と前線 西日本で長引く大雨に警戒

            23日午後10時の台風27号の位置と進路予想。速度が非常に遅いため、24日夜にかけて台風が接近した状態が続く。

            【沖縄・奄美 長時間大荒れに】

             台風が進路を東寄りへ変えるために動きが非常に遅くなっていて、24日木曜日夜にかけて台風が接近した状態が続く。
             木曜日に予想される最大瞬間風速は、沖縄で50メートル、奄美で35メートル。波の高さは、沖縄で10メートル、奄美で8メートル。
             雷を伴った非常に激しい雨にも警戒が必要で、1日の雨量が150から200ミリとなるおそれがある。

            強い台風27号と前線 西日本で長引く大雨に警戒

            24日午前9時の予想天気図。前線と台風からの湿った空気の影響で、西日本では25日金曜日にかけ大雨や急な激しい雨に警戒。

            【九州から東海 大雨に警戒】

             これまでの予想よりも南側を通る見込みのため、やや陸地から離れた所を通る可能性が高いが、前線と台風からの湿った空気の影響で、25日金曜日にかけて大雨や急な激しい雨などに警戒が必要だ。
             24日木曜日に予想される雨量は、四国で300ミリ、九州で200ミリ、中国地方から東海で150ミリ。さらに25日金曜日も、四国や近畿を中心に200ミリから300ミリの雨となるおそれがある。特に南東向きの斜面で雨量が多くなりやすい。
             土砂災害や河川の増水などに警戒が必要だ。また、海は木曜日には大荒れとなる。

            【関東から東北 本格的な影響は金曜から】

             木曜日も雨は降るが、25日金曜日になると前線が北上して活発な雨雲がかかり始める見込み。
             台風は25日金曜日の夜に紀伊半島の南海上に達し、26日土曜日の日中に関東の南海上を通る予想だ。ただし、台風の速度の予想にはまだばらつきがあるため、最新の台風情報に注意が必要だ。

            強い台風27号と前線 西日本で長引く大雨に警戒

            23日午後9時の台風28号の位置と今後の進路予想。本州の東をそれるように進む予想となっていて、本州付近へ直接の影響が出る可能性は低い。

            【猛烈な台風28号】

             本州のはるか南東の海上には台風28号があって、猛烈な勢力で北西方面へ進んでいる。金曜日には小笠原諸島の東海上まで進む見込みだが、その後は本州の東をそれるように進む予想となっていて、本州付近へ直接の影響が出る可能性は低い。


            二つの台風「藤原の効果」も 相互作用で動き複雑に?

            0
              JUGEMテーマ:JUGEM
               
              JUGEMテーマ:ニュース





              http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131022-00000041-asahi-soci 二つの台風「藤原の効果」も 相互作用で動き複雑に?

              二つの台風「藤原の効果」も 相互作用で動き複雑に?

              朝日新聞デジタル 10月22日(火)19時10分配信

               非常に強い台風27号は22日、沖縄の南東海上を北西に進んだ。週末には西日本や東日本に近づく見込みで、伊豆諸島でも注意が必要だ。強い台風28号も南鳥島の近くを西寄りに進行。二つの台風が1千キロ程度以内に接近した場合、相互作用で動きが複雑になる「藤原の効果」で予報が難しくなることもあるという。

               27号は23日午前0時現在、沖縄県南大東島の南南東約290キロの海上を時速15キロで西北西に進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカル、最大風速は45メートル。当初の予報よりゆっくりめで24日午後に沖縄本島の東海上付近へ。その後、進路を東寄りに変えながら25日には九州や四国、26日には東日本に近づく見込みだ。

               台風からの湿った空気と北からの冷たい空気がぶつかり、23日午前には九州から四国の南付近に前線ができる。26号の時と同様、台風の接近に伴い、前線が活発化し、関東南部でも大雨を降らせるおそれがある。

               一方、28号は25日ごろに小笠原諸島に近づく可能性もあるが、その後は東に進路を変え、本州には接近しない見込みだ。

              朝日新聞社


              台風16号、朝鮮半島へ=高潮や暴風、引き続き厳戒―気象庁

              0
                JUGEMテーマ:JUGEM
                 
                JUGEMテーマ:インターネット

                JUGEMテーマ:ニュース

                JUGEMテーマ:天気



                http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120917-00000027-jij-soci 台風16号、朝鮮半島へ=高潮や暴風、引き続き厳戒―気象庁

                台風16号、朝鮮半島へ=高潮や暴風、引き続き厳戒―気象庁

                時事通信 9月17日(月)13時15分配信

                 大型で非常に強い台風16号は17日午前、九州の一部を暴風域に巻き込みながら東シナ海上を北上し、昼ごろ朝鮮半島に上陸した。九州北部の海上は同日夕まで暴風域に入るとみられ、気象庁は引き続き、暴風雨や高波、高潮などに厳重な警戒を呼び掛けている。
                 台風16号は17日正午、朝鮮半島付近を時速約35キロで北上した。中心の気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心の東側190キロ以内と西側170キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。
                 九州北部では17日、最大風速30メートル、最大瞬間風速45メートル、波の高さ10メートルと予想される。九州南部や四国でも6メートルの波になる。 




                7月23日天気

                0
                   JUGEMテーマ:JUGEMJUGEMテーマ:天気JUGEMテーマ:ニュースJUGEMテーマ:インターネット

                  7月23日天気

                  23日月曜日から30℃を超えまた暑い日が続くようです。

                  梅雨も明け夏らしくなりますかね。。。



                  5月14日天気

                  0
                    JUGEMテーマ:JUGEM
                     
                    JUGEMテーマ:インターネット
                    JUGEMテーマ:ニュース
                    JUGEMテーマ:天気

                    5月14日天気

                    東京、くもりのち晴れ

                    雨の心配はなさそうです。




                    calendar

                       
                    S M T W T F S
                        123
                    45678910
                    11121314151617
                    18192021222324
                    252627282930 
                    << June 2017 >>

                    アマゾン

                    楽天

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    recent trackback

                    links

                    profile

                    書いた記事数:1301 最後に更新した日:2017/06/20

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM